身体の傷も心の傷も同じやっちゅうねん

みなさんご存知のように(知らんか)毎週水曜日は「心の相談日@漢医堂」です。来てくださるのは、ほとんどがコネクトロンでセッションを受けてくださった、リピーターの方です。先日の水曜日、来てくださった方は開口一番、「私のちっちゃいちゃんがいまぷさんとお喋りしたい、と言ってるのでやってきました」とおっしゃいました。

私と話したいのはその方ではなくて、その方の「ちっちゃいちゃん」なのです。ちっちゃいちゃんが何か言ってるけど、私にはわからない。いまぷさんになら話してくれるかもしれない、と。

 

そ、私が相対するのは目の前の大人のあなたではなくて、人生で最初に傷を負ってしまった時のちっちゃいちゃんなのですよ。ちっちゃいちゃんはその傷の痛みから解放されていません。ちっちゃいちゃんが3歳で、大人のあなたが40歳だとしたら、37年間もずっと傷の痛みに耐えているのです。傷は37年ものなのです。

 

身体の傷、病気、重症だと治るのに時間かかりますよね。時間かけて治すしかないですよ、と言われたら、しゃーないか、と治療に臨みますよね。

 

身体の傷、病気は時間がかかることを受け入れるのに、どうして心の傷にはみなさんショートカット(占いとか心理学とかスピとか心療内科とか)を求められるのですかね?

 

身体の傷、治るまでは痛みます。当たり前です。それは、まだ治ってないよ、という身体からのサインです。気をつけようね、労わろうね、治療をしようね、と。

 

みなさんが向き合いたくない心の傷、無き物としたい過去、見たくないから、無かったことにしたいからフタをします。視界から取り除きます。でも、傷は治っていないのです。

 

フタをされた心の傷は、現実での問題として姿を変えます。いまある問題は、フタをされた心の傷が姿を変えたものなのです。フタしないでよ、気付いてよ、と声をあげているのです。

 

身体の傷や病気は見て見ぬフリをすることができません。だからみなさんあきらめて時間をかけて治療をしよう、と思われるのでしょう。でも、心の傷にはフタをすることができますもんね。

問題が起きるたび、昔の傷に向き合わざるを得なくなるたび、まだ癒えてないのか、まだ解放されないのか、いつまで苦しまなくてはいけないのか、と訴えられる方が多々。

 

だって治ってないんだもの。それだけひどい傷なのだもの。時間かけて治してあげてくださいよ。痛いよ、と声をあげるちっちゃいちゃんに付き合ってあげてくださいよ。

「参加者は、2回、3回被災した体験があります。『なぜ自分だけ、こんな目に遭わなければならないのか』と思うほど傷ついた心を癒やせるのは、『なぜこの人たちは、私にこんなに良くしてくれるのか』と感じるほどの優しさの体験だけ。不条理な苦しみを癒やせるのは、理屈を超えた愛だけなのです。それが立ち直るきっかけになっていくということを、福島の被災者支援を通して感じてきました」

傷ついた心を癒せるのは優しさだけ。そして、誰かがその優しさをくれるのを待っいてはいつのことやら。また、期待した優しさとは異なるものを与えられて失望してしまうかもしれまん。

 

だからこそ

 

今の自分から過去の傷ついた自分(ちっちゃいちゃん)へと優しさを届けることが必要なのです。いえ、確実に傷を癒せる作業はそれしかないと言っても過言ではありません。

 

私ではダメなのです。

 

ちっちゃいちゃんは私に求めているのではなくて、今の大人のあなたに気づきを提供するためのアクションを私に求めているのですよ。

 

自分の傷は自分で癒すことができます。

 

痛かったよね、辛かったよね、と過去の自分に寄り添うことによって。

クリックする前に何について知りたいか、お題を頭に思い浮かべるんやで!!

氣鍼医術臨床ブログ、更新しております


素人による素人のための氣鍼医術 その1:六部定位脉診

今日はへっぽこ管理人の私ががんばって書きました!氣鍼医術のサイトは難しくてワケワカメだとおっしゃるそこのあなたのために書きましたよ、読んでくださいね!!読んでくれなきゃ泣いちゃう!!!!

 

ポチっといただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ 

2016/10

2016/11

2016/12

2017/01



PVアクセスランキング にほんブログ村