【公開質疑応答その10】それを選んで生まれてきた

 これ の続き。

けろきちさんからの返信です。

 

いまぷ さま

 

纏められずにいる間に 進んでしまいましたが、その8 への返信です。

 

三浦綾子は高校生の時、殆どの著作を読みました、光世さんの存在有りき  と思いました。前川さんの存在も含めて受け入れた光世さんの事が、キリスト者とは…と印象に残りました。

 

病については 「なぜ私が」と思った事はないのですよ。物心つく前に既に患者だったので、病気にならない人はいない、罹る病が違うだけ…と思っていました。

 

ヘルペスについて言うなら、ヘルペスとは一体どういう物で、何故発症するか どういうリスクがあるかを知る方が重要でした。他も同じです。

 

「なぜ?」 は"普通は~"で括られる状況から外れていたので、その点で医師と闘わねばならなかった事ですね。普通についてでは無く、今目の前の症状にどうやって対処するかが欲しいのに!

 

なぜ 医学書通りではないことを 患者が医者と議論しなければならないのか?こいつらアホか?

 

発症したくてしている訳では無いのに、何故発症を繰り返すか?は「なぜ?」です。

だから 病の辛さ苦しさを 人に訴える事ができないのかもしれません。

それが出来ないのが辛い とも感じません。

 

この2年程、歯の大規模修理をしていますが、歯科医に「我慢強い 」と言われて 「そうなのか~ 」と思った位で 私にとっては 必要な治療なので 痛い 辛いとしても 治したい、と言う事なのに。治したいのだから、人に訴えて分かって貰う努力より 直すために力を使う  と頑張ってきたのですね。

 

それは、分かって欲しくないのではなくて、分かって貰えなかったから諦めてしまっていたのでしょうか。分かって貰いたい…と考える余裕も無かった、気がします。

漫画のセリフは、20代結婚前でしたね、賢かったので(世間の評価)成績も良かったし、仕事も良い評価を得ていたので、自分で"優秀な私"と思ってしまっていたんですね、私なら出来る!って。

 

頑張って、頑張ったら、存在を認めて愛してもらえるから…って。

 

「憂きことの 尚この上に積もれかし 限りある身の力試さん」なんて歌を教えられて、その気になって頑張っていたから、でも 結果は出なくて 辛くなる事もある。

それが、「セコくて安普請」のセリフで「そんなモンなんだよね」と思えて、自分を追い込まなくて良い、無理って言ったって良い、100%なんて課さない、と思ったのです。

 

『弱くてダメな自分を責めることなく寄り添って行く』にシフトしたいと思ったキッカケです。

 

けれど、上手くいかないのです、自分がそう思っても相手がある事なので 状況が変わった様には感じられない。余計に苦しくなって、私を取り巻く人間関係はなぜこうなのか?という思いが積み重なった時に、「選んで生まれてきた」がまたやってきた。

「選んで生まれてきた」に引っかかった、のは『貴方が何と思おうが、貴方が選んで生まれてきたのです!』と断言されて、真理の様に受け入れるモノの様に感じたのに「受け入れねばならない」を信じて実行出来ない自分がいて、でも何とかして受け入れなくてはいけないのだ、それが当たり前なのに私にはそれが出来ない。出来ない自分が悪いのだ。の無限ループみたいだったから ですね、うまく言えないですが。

 

「選んで生まれてきた」教 …と考えると、色々全部が新興宗教の勧誘の様にスルーできますね。

 

それで いろいろを納得できない自分の存在を肯定できる。「ねばならない」からの解放。

 

我が身に降りかかって来た出来事の "何故"を説明できないとしても、そちらの方がしっくりくる。

 

いまぷさんのセッションを受けて、『まず自分を愛して、大切にしていく。私が幸せである事から全てが始まる』と思える様になってきました。

 

なので、洗脳から脱却出来たのでは?と思っています。

私も 往復書簡を交わしている間に、"どうでもよくなって"来つつ有ります。

幽霊の正体見れば枯れ尾花…と言った境地に近付けているのかな?

見える人に言われたので無ければ、ここまで引っかからなかったのかも知れません。ある種、教祖の様に扱っていたかも…

 

では、私の厄介な人生はなぜ存在しているか?

問題の原因はどこにある?何だ?

確かに「選んで生まれてきた」教の方が 簡単ですね

 

けろきち  拝

 

気になるポイントいくつか。

 

続きは こちら

無料占いや、おみくじ、ジャミラクジや!

クリックする前に、お題を頭に思い浮かべるんやで

ポチっといただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ 


PVアクセスランキング にほんブログ村