褒めてもらえなかった子の末路

今日は土曜日、土曜のお楽しみは「悩みのるつぼ」。ブログのネタにできるかと楽しみにしていたのですが。

 

が。

 

今日の相談は「有機野菜についてくるアリがかわいそう」というものでした。ひまだからこんなことを考えているわけではない、と相談者60代女性の自己紹介にありましたが、それを読んで「あんた、暇やん」で終わってしまいました。残念ながら今日の「悩みのるつぼ」はネタにはできません。

 

悩みのるつぼ:アリんこがかわいそうで 

ネタのアテにしていたのが外れてしまったので、書きかけてまとめられずにいたものをアップします。

 

人を幸せから遠ざける最たるもの、それが罪悪感。

 

人を殺して平気な人と、アリを救えずに頭を抱えている人では後者のほうが不幸なのです。

罪悪感には大きくわけて2つがありまして、ひとつは禁忌を犯してしまったがゆえ、もうひとつは他者の期待に沿えないがためにダメな自分、と自分を責めるもの。

前者はわかりやすくていいですね。してはいけないことをしてしまったのだから、自責も当然。

 

後者が難しい。期待に沿えなかったというのは単なるマッチングミスであるかもしれないし、期待したほうは別に責めてもいないのに、期待に沿えなかったダメな自分、と自分を責める。

 

責められてもいないのに自分を責めるのはなぜか。

 

欲しかったものが貰えなかったから。

https://twitter.com/joker_budou/status/890554301004644352

 

褒められて伸びるタイプ、という言葉がありますが、あれの意味がわからなくてですね。褒められたら伸びるの当たり前やん。褒められて伸びることができないのは、褒めを受け取れないからですよねー。

 

受け取れないのはなぜか。

 

褒められなかった穴ぼこがあまりにでかいから。褒めをもらうためには、この程度ではダメだ、と思ってしまうから。

 

褒められなかった子は、やたらとハードルをあげるのですよ。高いハードルは越えられなくて当たり前。そして、越えられないダメな自分、とダメの上書きをせっせとするのです。

 

力のある人は、高いハードルも超えちゃって、またハードルの高さをあげて、そしていつか倒れます。

 

褒められなかった子の末路として、もうひとつあるということに気づかされたのがこちら。

 

発言小町:読書する子がそんなにエライですか?

 

前出のツイートを見つけたすぐ後にこちらも見つけました。これぞカラーバス効果!

 

相談者の方、妬み僻みの黒タママちゃん、褒めて貰えなかったんだなー。

 

褒めて貰えなかった子はですね、黒タママになるのですよ。

 

で、黒タママは貰えてなかったものにばっかフォーカスしてるから、貰えてるものを認められない、受け取れない。

 

褒められても伸びることができない人になってしまいます。

 

褒めて欲しかったよね、ヨシヨシ。

 

穴ぼこを埋められるのはこれだけ。

 

ヨシヨシ。

参考エントリー:褒められても喜べない

 

 

無料占いや、おみくじ、ジャミラクジや!

クリックする前に、お題を頭に思い浮かべるんやで

ポチっといただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ 


PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    キキ (土曜日, 05 8月 2017 15:38)

    私も小学校4年の書き初め大会のときクラスで4人しかもらえない金賞だった。めっちゃ嬉しくて褒めてくれるかなというよりお母さん喜んでるかなと思って家に帰ったら、「あんたより〇〇ちゃんの方が上手やったのに銀賞でかわいそうだったね」
    って。
    ハァ?って今なら言えるけど、当時の私は傷ついてシュンとして過ごした。学校で先生が金賞の人の名前読み上げてくれたとき「お母さんは〇〇ちゃんの方が上手いって言ったので金賞はもらえない」て号泣した。

  • #2

    キキ (土曜日, 05 8月 2017 15:43)

    母の前で泣いたり自分の感情が出せればいいけど、その時に思ったのは「親は自分の子どもを傷つけても謝らない、がんばったとしても褒めもしない」ということ。
    じゃ何のために親っているのかね?

  • #3

    ケロロン (日曜日, 06 8月 2017 12:04)

    褒められて伸びるタイプとわざわざ言いたいのは、良いところを褒められた記憶より、頑張ったのに認めてもらえなかった⇨凹んだ⇨ヘタレなダメポンな私(立ち直れない)⇨だから⇨褒めて!そしたらまた頑張れるから。と、愛情を求めているの。褒めて!欲しい病継続中。褒めて〜

  • #4

    ケロロン (日曜日, 06 8月 2017 12:07)

    せんちゃんはどうなったの?

  • #5

    ケロロン (日曜日, 06 8月 2017 19:35)

    いますねー そういう人は褒めても伸びない!
    褒められてない(私はもっとやってるわよ)と思っているから、褒めても褒めても褒めても、ホドホドしかやらない。
    ⇨私の出会った自称さんのほとんどがそれでした。
    だんだんこっちが意地悪な人になる⤵️自己嫌悪
    ホントに伸びる人は、健気に頑張るのよー

  • #6

    ケロロン (日曜日, 06 8月 2017 22:08)

    褒め言葉をまっすぐに受け取れる相手から褒められた時、欲しい人からでは無いかもしれないけど、褒められる事の嬉しさ幸せを感じて頑張れる。
    と言うか、褒められたかったのだと気付ける。
    穴ぼこの自覚は何も無しには持てない、気がするんですが。