2)占いは心の風俗か

これ の続き。

 

今庄さま

 

朝晩は幾分か過ごしやすくなった今日この頃です。

 

お元気でお過ごしでしょうか。

 

※ホテルバイトを辞めたので、運動不足で困っています。

 

占いに風俗を感じたこと。あるときふと、男性には風俗という一大産業が発展したのに対して、女性にはそれがなく、そのかわりに占い産業が発展していったのだろうかと思ったのです。男性は体から、女性は心からですが、なにかの穴ぼこを埋める場であることは同じだなと。

 

※男性にとって、最大の癒しはセックスだ、っていいますね。体の形態的には女性が凹ですが、男性にとっては「包まれる」って感じなんでしょうかねー。

 

ネットや雑誌の広告に軒を連ねる年齢不詳の華麗で、どこか滑稽な源氏名の占い師たちが、さまざまな欲望に訴えかけるように手招きしている姿。そのイメージを重ね合わせたというのもあります。

 

※私も「仙龍華」って自分でよぅ言わんかった。占いの広告に、自分を上げることより人を堕とすような表現を見ると、ゴキブリホイホイだなー、と思います。

 

けれど、わたしは風俗的であることが必ずしもわるいことだとは思っていません。

 

マッチの灯火のようなわずかな暖かさやぬくもりを、束の間、お金で買う。そこでしかあたためられない、吐き出せないものもあると思うのです。いかがわしさや猥雑さのなかだからこそ、ひっそりと行われること。そんな世界も必要だと思っています。

 

※例えは悪いですが、愛妻がいても愛人がいる、みたいな、その関係でしか得られないものってあるんでしょうね。パンがないときのお菓子、みたいな(違。

 

今、勤めている占いハウスのおっちゃん経営者。気のいいおっちゃんではありますが、見た目も中身も、カタギではありません。

 

質問に答え続けて引きのばせば、時間延長できる。一円一銭の石を何千何万で売る。等々。

 

つくづくヤクザの世界です。占いとは、ズバリ金儲けである、と。

 

※神戸の地場産業が占いなのは、ビルの空きテナントに占いハウスを作ったのが始まりですからねー。儲かる手段だ、と気付けるのがえらい。不安産業は基本的に儲かります。

けれど、その言い切りにどこか安心するわたしもいるのです。ヤクザがヤクザなことをしている。なんともわかりやすい。とてもまっとうです。

 

※ヤクザは堅気の人に迷惑かけたらあかん、って昔はいいましたねー。

 

わたしを最も暗澹たる気持ちにさせるもの。それは、現在の占いやカウンセリングに自己啓発や、崇高なものを絡めていく流れです。

 

あなたの天命を、ほんとうの豊かさを、幸せを教えます。

 

私のいう通りにすれば。私の良いというものを信じれば。

 

この人たちからは、お金以上のものを毟り取られます。本来の自分の感じ方、考え方を奪われ、人間関係まで決められます。

 

そして、偽物くさい即席の煌びやかさを身に纏って、SNSから手招きしてきます。あなたも起業しましょうよ。私のように豊かになれるわよ。私たちの仲間になりましょうよ。

 

※占いにはまったく触れず、こんなに儲かりますよ!しか書いてない占いメルマガの多さよ。

 

恐ろしいのは、彼らが自分たちを善や清だと信じて疑わないことです。そこには猥雑のなかで従来の占者がまとっていた一抹の影、ある種の分別はなく、ひたすら虚しく明るい、からっぽの世界が広がっているだけです。

 

※アメリカやかつての十字軍同様、善意が動機だと思い込まれているものの暴力よ。

悩みをもった人々に寄り添うことは、それを生業とする、どうしようもない自身の業の深さや、濁を含むことではないのか。高みに自分を置きたい人間が、地を這う人に寄り添うことが出来るのか。

 

※乞食、サギ師、占い師が3大卑しい職業だ、と言われていたこともあります。芸人だって河原乞食だし。歌舞伎役者だってもともとは河原乞食であっただろうに、それが梨園だなんてえらくなって。

 

なんだか、話が飛んでしまいました。いろんなことを考えてしまいます。

 

丙火のマリア拝

 

 

今日の結論はこれですね。

自己啓発系に取り込まれた占い、それがヤクザの占いとどう違ってしまったのか。

 

えー、私もちょっとまとめきれないのですが、自己啓発とネットワークビジネスってほぼ同義語ですからね。

いかがわしいものだった占いが、現在は違う意味でいかがわしくなってる。自己啓発の手段として占いが選ばれてしまったのはなぜか。

 

簡単だからです。

 

資格もなんもいらんからです。

 

名乗ればその日から占い師です。

 

看護師になるとか介護福祉士になるとかより、てっとり早いからです。

 

稼ぐ手段として占いに目がつけられた。それはいいのですが、そこに「人のために」要素を盛り込んでしまっておかしくなったかな、と。潔く、儲かりますよ、に徹すればよかったのに。

 

いかん、今日はまとまらん。

 

次回は、「人はなぜ水星逆行を信じるのか」です。

鳩の迷信


無料占いや、おみくじ、ジャミラクジや!

クリックする前に、お題を頭に思い浮かべるんやで

ポチっといただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ 


PVアクセスランキング にほんブログ村