ブログ

人の不安を笑うな

占い屋さんでご相談1件いくら、ってとこと、30分いくらとかって時間制のとことありますよね。

今の仕事を始めた当初、1件いくら、ってのがピンとこなかったのですよ。

例えば。

結婚できますか?というご相談、その問いに「できますよ」とか「できませんよ」と答えて、それで終わるものなの?と。

献血ルームで、ひとつご相談が終わると「もう一個いいですか?」さらなるお題を出してこられることがよくあります。時間が許す限りお引受けしますが。

が。

キリが無いんすよ。

ひとつ終わると、じゃあ次は、と延々と続くのです。

これはどういうことか。

不安の根っこがあるのです。その根っこを無くさない限り、不安の芽は次から次へと出てくるのです。

不安の根っこ、不安の正体をはっきりとさせないと、アンモナイト。

「心配しなくていいよ」と言われて不安がなくなるなら、警察いらんやんね!!

本日のテキスト「人の不安を笑うな(小田嶋隆)

しかし、ちょっと考えてみればわかることだが、恐怖は思考なんかでは撲滅できない。当然だ。不安も情報収集で消せるようなものではない。もちろん嘲笑でリセットできるものでもない。

中略

つまり、不安ほど圧倒的で制御不能な感情はないし、恐怖ほど切実に人間を動かすものはほかにないというのが、前の世紀までに普通に生きている人間にとっては、ごくごく当たり前の人生観だったはずなのだ。それほど、人生は、恐怖と不安に支配され続ける経験だったと言い直してもよい。

とにかく「理性で不安が消せるだと? 冗談言うなよ小僧」

不安とは、加害の有無がわからない、安心できない、ということ。

加害の経験がない人は不安を抱きません。

つまり。

傷があるから不安を感じるのです。傷がまだ癒えていないのです。

とあるケース、今年の運勢どうなるの?と気にされた男性がいらっしゃいました。

これこれこうですよ、とお伝えし、悪いことないんですね、と安堵されたようでした。

しかし、さ、これで終わり、という段になって、病気とかしませんかね?と尋ねてこられました。

ご病気、それもメンタルのもので長く休職され、復職されたところでした。

病気といえばそれだけでも不安ですが、メンタルなら尚更のこと再発への不安があることでしょう。

心を痛めた傷が残っている。

また傷つきたくない。

大丈夫ですよ、といくら言っても簡単にその不安は無くならないことでしょう。

必要なのは「大丈夫ですよ」ではなく、「しんどかったよね」です。

丶(・ω・`) ヨシヨシ

私が書いた楽しいお灸の記事です。

おすすめフリージア♪


読んでね♫

最後までお読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただくと励みになります♪

予約状況

お気軽にお問い合わせください。

その他メニュー

病は気から、気は病から

病は気から、気は病から

身体と心はひとつです。片方からだけのアプローチで解決できない問題に対しては、 異なるベクトルから解決策をご提案いたします

今日のおみくじ

今日のおみくじ

無料占いや、おみくじ、ジャミラくじや!
クリックする前に、お題を思い浮かべるんやで

今日のおみくじ